サイコパス介護士

ブラックな介護の現場に生息するサイコパス介護士という恐怖の存在

最近よく耳にする言葉「サイコパス」。

この言葉の意味を調べてみたところ「これって介護士に多いような気がする……とくにブラック介護施設なんかサイコパス介護士の温床だよな……」と思ってしまいました。

あなたはサイコパスという意味をご存知ですか?

サイコパスの意味を理解すれば「うちの職場にもいる!」「あの介護士そうかも!」という、驚愕の事実を知ることとなるでしょう。


 

お疲れさまです。

40代・現役「派遣」介護福祉士の小林です。

ボクは三流大学卒業後職を転々とし、行きついた先がサービス残業80時間/月は当たり前の地獄級ブラック介護施設(老健)でした。

そのブラック介護施設で2年間働きましたが「このままでは死んでしまうかもしれない……」と思い、40代にして派遣介護士として働くことを決断。

正直友人たちからは「無謀だろ!」「アホか!」と言われましたが……

現在のボクはホワイトな労働環境で高時給(1700円)+自由度の高い「派遣介護士」として働き、結婚もして心身ともに安定しながらガッツリと稼ぐことができています。

介護士としては、

  • 老健(正社員・超絶ブラック介護施設:2年勤務)
  • 有料老人ホーム(派遣・夜勤専従)
  • 高級有料老人ホーム(派遣・夜勤専従)
  • 特養(派遣・フルシフト)
  • 高級有料老人ホーム(派遣・フルシフト)

の介護施設勤務を経験しています。

現在はきらケア派遣に登録し、高時給+高待遇のホワイト介護施設(高級有料老人ホーム)で派遣介護士として働いています。

ボクがブラック介護施設から無事脱出(退職)し、高時給(1,700円/時)で自由度の高い生活を手に入れることができたのは派遣介護士として働く道を選んだからです。

ちなみにボクが勤めている東京都の最低賃金は985円なので、その約1.7倍の時給を稼ぐことができています。

1,700円の時給で一日8時間で一月に22日(週休二日)間働いた場合、概算で約30万円という額を介護士として稼ぐことができるのです。

しかも、

  • 働きだした初月から
  • サービス残業なし

という条件でです。

高時給で質の高い派遣介護士の求人情報を取り扱うきらケア介護派遣について詳しく知りたい方はこちらの記事をお読みください。

【体験談】きらケア介護派遣を利用してわかったメリットとデメリットボクがこのブログで一貫して、ブラック介護施設で搾取され消耗し続けている介護士の方に訴えていることがあります。 それは、「ブラック介...
  • ハロワ通いなどの転職活動の面倒がなく
  • 転職失敗の確率を下げられ
  • 自分に合わない職場だと思ったら2ヵ月で簡単に転職でき
  • 退職の手続きなど面倒が一切なく
  • 人間関係に悩むリスクを最小限に抑えられ
  • しかも正社員よりも稼ぐことができる

そんな派遣介護士という働き方は、処遇改善がまだまだ進んでいない介護業界では最強の働き方だとボクは断言できます。

あなたも転職の選択肢に入れてみる価値は十分にあるのではないでしょうか?

「きらケア派遣」公式

 

ただし、あなたが無資格の状態でブラック介護施設からの脱出(転職)を考えられている場合は、きらケア介護派遣よりもかいご畑がオススメです。

かいご畑についての詳細はコチラの記事にまとめてありますので、読んでいただけると理解が深まります。

かいご畑を利用する前に絶対に知っておくべきメリットとデメリット「かいご畑」は無資格の方が利用するメリットは盛りだくさんなのですが、注意しなくてはならないデメリットがあることも事実です。...

かいご畑をオススメする一番の理由は、自費ならば10~20万円もの費用が必要となる「実務者研修」が無料で取得できてしまう制度=キャリアアップ応援制度があるからなんです。

しかも、働き先を紹介してもらえて、仕事をしながら実務者研修を取得できてしまうため、生活費に困ることもありません。

2重に経済的負担を削減できてしまうかいご畑は、無資格での介護業界転職組にはめちゃくちゃ心強い味方なんです。

「かいご畑」公式

人手不足の介護業界では無資格でも経験があれば転職先には困りません。

ですが、より高待遇でホワイトな職場で働く確率を高めるには、実務者研修を持っているに越したことはありません。


 

この記事ではあなた自身の身を守るためにも「サイコパス介護士」という恐怖の存在について、理解を深めていただきたいと思います。

サイコパス介護士の特徴とは?

サイコパス介護士について語る前に、「サイコパス」について理解していただきます。

サイコパスとは何か?

サイコパスとは「精神異常者」のことを指します。

ですが一目でわかるような「狂人」ではありません。

日常生活の中では普通にコミュニケーションが取れるため、一般人と見分けがつきません(ココが厄介)。

サイコパスの特徴とは?

  • 良心が異常に欠如している
  • 他者に冷淡で共感しない
  • 慢性的に平然と嘘をつく
  • 口が上手く魅力的に見える
  • 行動に対する責任がまったく取れない
  • 罪悪感が皆無
  • 自尊心が過大で自己中心的

ということになります。

わかりやすく一言でまとめると、

良心が限りなく小さい人」ということになります。

この特徴を具体的な介護の現場でのサイコパス介護士に当てはめてみます。

☑自分が嫌いな介護士に対する嘘の悪口を平然と吹聴しまくる。

☑他の介護士が手のかかるか利用者の方の対応に困っていてもまったく助けない。

☑バックレても次の日には平然と出勤してくるを繰り返す。

☑自分が原因のトラブルが起きても平然としている。

☑転倒事故を起こしてしまっても平然と嘘の報告をする。

☑食事介助で誤嚥をさせてしまっても「面倒くせぇなぁ~」的な顔を平気でしている。

☑オムツ交換を担当した利用者の方が血まみれになっていることがある。

☑排泄介助を担当した利用者の方の腕や足に異常に表皮剥離ができる。

☑車いすを異常なスピードで押して利用者の方の足を壁や柱にぶつけて骨折させる。

☑車いす⇔ベッドへのトランス(移乗)を放り投げるように行い圧迫骨折をさせてしまう。

☑徘徊・他室訪問のトラブルを起こしてしまうような認知症の方を突き飛し転倒させる。

☑利用者の方に「死ね!」「殺すぞ!」などと平気で暴言を吐く。

☑利用者の方に「お仕置きだ!」などといって普通に殴る、蹴るを繰り返す(常習的な暴力)。

☑洗髪介助の時に利用者の方の目にシャンプーが入ろうがお構いなし。

☑入浴介助時に手のかかる利用者の方の頭を力づくで浴槽の中に沈める。

☑職員の財布の中から金を盗む(複数回)。

☑嫌いな職員のスマホを盗んで捨てる。

☑気に入らない職員の飲み物に睡眠薬を盛る(TVで報道された事件)。

ちょっと思い出しただけでもこれだけの数が上がりました。

ただ、これは一人のサイコパス介護士だけではありません。

2年の間に一緒に働くこととなってしまった、3人のサイコパス介護士(女性2名・男性1名)の特徴です。

不幸中の幸いですが3名が同時期に職場にいたわけではなく1名ずつでした。

なぜそうなったのかと言いますと、

1人は金銭の窃盗がバレて退職(警察沙汰)

1人は利用者への暴力が家族に見られて退職

最後の1人は嘘の事故報告書がばれる+バックレが多すぎるため、看護部長に呼び出され厳重注意⇒他フロアに異動⇒退職

になったからです。

 

1人目のサイコパス介護士が「窃盗発覚での退職決定」の情報が入ったときは、本当に心の底から「良かった……」と思え、涙が出るほどでした。

しかし次にまた利用者の方を平気で虐待し、他の介護士に対しても異常に冷たいサイコパス介護士が入職した時は……本当にフロアは劣悪な雰囲気になりました。

ご家族の方が暴力をふるう現場を目撃し、事務長に通報したことにより退職となりましたが、職場の雰囲気はあまり改善されませんでした。

 

追い打ちをかけるかのように雰囲気が最悪なところに入職してきたのが、

  • 「呼吸をするように嘘をつく」
  • 「嘘をつくことに罪悪感がまったくない」
  • 「人を陥れる嘘を平気でツキまくる」

最悪なサイコパス介護士でした。

その女性サイコパス介護士の入職でフロアの人間関係が徹底的に崩壊しました。

誰も信じられない。

疑心暗鬼で働かなくてはならない職場。

言葉では語り尽くせないほどの劣悪の極みのような雰囲気でした。

あんなボロボロの精神状態の介護士たちに介護をされていた高齢者の方々……老いること、高齢となり介護施設に入職しなくてはならなくなるということが恐怖に感じるような体験でした。

3人目のサイコパス介護士の異動決定が掲示板に張り出された時、嬉しさよりも「やっといなくなる……」という脱力感のようなものに襲われました。

その時のボクは心身ともに疲れ果てた消耗状態であり、ブラック介護施設からの退職を決断していたので、「もうどうでもいいや……」という精神状態であったのかもしれません。

 

ただでさえ忙しい業務で人間関係が悪くなりやすいのに、サイコパス介護士の存在により壊滅的なまでに混乱させられる職場……。

思い出すだけで胃が痛くなりそうです。

実際に当時のボクは胃潰瘍になり胃カメラを飲むまでに追い詰められていました。

ただ一つ良かったと思えること。

それは「殺人事件」が起きなかったことです。

いや、殺人事件が起きてもおかしくなかったのかもしれません。

ただ単にそれは「運が良かっただけ」なのかもしれません……。

派遣介護士が2つのブラック介護施設での連続殺人事件について考えるテレビやネットで大々的に報道された2つの介護施設で起こった連続殺人事件。 その一つが2014年、神奈川県の有料老人ホーム「Sアミー...

まとめ

一人のサイコパス介護士の存在で人間関係の悪化に拍車がかかり、介護の現場は目も当てられないほどの劣悪な雰囲気に陥ります。

「もう誰も信じられない……」そんな絶対に働きたくない職場を作り上げてしまうのがサイコパス介護士なのです。

ブラック介護施設でサイコパス介護士と一緒に働くということ。

それは恐怖の体験です。

最悪な場合、殺人事件の責任をなすり付けられないとも限りません。

こう思うのはボクの警戒心が強すぎてしまうからなのでしょうか?

被害妄想なのでしょうか?

いいえ。
サイコパス介護士に対する警戒心は高いに越したことがありません。

ブラック介護施設+サイコパス介護士の劣悪の極みの職場。

そこで働き続けるべきでは絶対にありません。

さっさと逃げるべきです。転職すべきです。

サイコパス介護士は自身の保身のためなら手段を選びませんから……。

ブラック介護施設にはサイコパス介護士が集まってしまうという事実ブラック介護施設にはサイコパス介護士が集まりやすい傾向にある、これは間違いないでしょう。 サイコパス介護士は怖ろしいほどに自己中心...

「そんなこと言ってもパワハラ的な引き止めにあってすぐに辞めれないんだよ!」

「辞めたとしても転職先がブラックではない保証なんてないだろ!」

という悩みがある方には「退職代行サービス」と「派遣介護士という働き方」があることを知ってほしいのです。

退職代行サービスはあなたにかわって退職時の面倒をすべて代行してくれて、即日退職を可能にしてくれるめちゃくちゃ便利なサービスです。

退職代行サービスは最近テレビ(NHKの「クローズアップ現代+」など)でも取り上げられるほど注目度が上がってきています。

その中でも、低価格・定額制で利用価値が高い退職代行サービスSARABA(さらば)について徹底的に調べて解説した記事はコチラです。

【体験談】退職代行サービスSARABAで低価格で即日退職しました劣悪な労働環境+最悪な人間関係の職場を辞めたくてたまらないのに、 パワハラ上司に退職を言い出せない…… 理不尽な引き止め...

 

ボクは以前は常勤(正社員)の介護士として働くことにこだわっていました。

ですが、「直接雇用の常勤(正社員)介護士は圧倒的に搾取されやすい立場にある」という事実に気づいてしまったのです。

そして、真の処遇改善が行われるまでは「派遣介護士」として働くことが最強の働き方であるということを身をもって理解したのです。

派遣介護士は派遣会社に雇用されているため、万が一ブラックな職場に当たってしまったとしてもすぐに職場を変えることができます。

しかも、次の職場は登録している派遣会社のコーディネーターの方がすぐに探してくれるのです。

退職届を書いたり引継ぎをする面倒などありませんし、ハローワークに通って次の職探しをする必要もありません。

その他にも、

  • 高時給(1700円)で正社員よりも稼ぐことができる。
  • 「この職場は嫌だ!」と思ったらすぐに次に移れる。
  • サービス残業がない。
  • 各種委員会や居室担当などの責任を負う必要がない。
  • フロアミーティングや行事に参加する義務がない。
  • 自分自身で稼ぎたい額を決められる。
  • 有休が確実に消化できる。
  • 面倒くさい人間関係(派閥など)に巻き込まれにくい。
  • 施設に直接雇用されていないため意見・要望を言いやすい。
  • 問題が起きても派遣会社が対応してくれる。

こんなにも牛丼メガ盛り+卵+味噌汁+ポテトサラダ級のメリットがあるのです。

派遣介護士として働くメガ盛り級のメリットについてだけではなく、気になるデメリットについても知りたい方はコチラの記事をお読みください。

知ってますか?派遣介護士のメガ盛級のメリットと気になるデメリット【警告】ブラック介護施設で正社員として奴隷のように働き、心身ともに消耗し、疲れ果て、何もかもがイヤになりかけてしまっているあなた! ...

ボク自身の派遣介護士として働いてきた実体験から、派遣介護士として働くということをフレッシュジュースのように飲みやすく=わかりやすく解説しています。

ブラック介護施設で働き続けるということは、サイコパス介護士にいつ地獄に突き落とされるかわからないという危険を高い確率で抱えているということです。

便利なサービスを賢く利用して、あなたの人生を明るい方へと方向転換すべき時はいまなのではありませんか?

ブラック介護施設を辞める前に登録しておくべき転職サービスbest3介護士が転職を成功させるためには、良質の介護職専門の転職エージェントを選択することが重要です。20以上も存在する介護職専門の転職エージェントの中には、取り扱う求人・コーディネーターの質があまりよくないものも存在してしまいます。こちらの記事ではボクが実際に利用・検証した結果から、タイプ別に優れた3つの転職エージェントを紹介しています。 ...