介護士のパワハラ

介護士がブラックな職場を退職したくてもパワハラ攻撃で辞めることができない時にするべきこと

この記事では、介護士がブラックな職場を退職したくてもパワハラ攻撃で辞めることができない時にするべきこと、

  1. 退職時の話し合いの時には必ずボイスレコーダーを隠し持つ。
  2. 労働基準監督署に相談する。
  3. 「退職代行」サービスを利用する。

この3つについて具体的かつ簡単に理解できるようにまとめています。


 

ブラックな介護の職場での絶望的に安い給料・サービス残業50時間/月以上の劣悪な労働環境・目が血走り頭が噴火しそうなほどに忙しい業務……。

心も体も限界線を越えて疲れ果て、ようやく決断した「退職」。

なのに人間性最低な上司からのパワハラ攻撃で辞めることができない……。

そんなアリ地獄のような状況に追い込まれている介護士の方は少なくないでしょう。

ボク自身もはじめての介護の職場が地獄級ブラック介護施設であり、退職するのにも心身ともに疲弊する理不尽な苦労を味わいました。

ブラック介護施設で正社員介護士として働いた2年間の暗黒体験談ブラック介護施設で卑劣な労働搾取にあった、思い出すだけでも胃が痛くなるような日々。 絶対的な人手不足で激烈にいそがしく、連日の怒涛...

ブラックな介護の現場ほど、簡単には退職できない・辞めさせてくれないという現実があります。

ですが、そこで働き続けることはあなたの心も体ももう拒絶しているのです。

「一体どうしたらいいのか……」と吐き気がするほど悩み、眠れなくなるほど絶望しているあなたに向けてこの記事を書きました。


 

お疲れさまです。

40代・現役「派遣」介護福祉士の小林です。

ボクは三流大学卒業後転職を繰り返し、フリーター&ニート生活を経験し、行きついた先がサービス残業80時間/月は当たり前の地獄級ブラック介護施設(老健)でした。

そのブラック介護施設で2年間働きましたが「このままでは死んでしまうかもしれない……」と思い、40代にして「派遣介護士」として働くことを決断。

正直友人たちからは「無謀だろ!」「アホか!」と言われましたが……

現在のボクはホワイトな労働環境で高時給(1700円)+自由度の高い「派遣介護士」として働き、結婚もして心身ともに安定しながらガッツリと稼ぐことができています。

現在はきらケア派遣に登録し、高時給+高待遇のホワイト介護施設(高級有料老人ホーム)で派遣介護士として働いています。

ボクがブラック介護施設から無事脱出(退職)し、高時給(1,700円/時)で自由度の高い生活を手に入れることができたのは派遣介護士として働く道を選んだからです。

高時給で質の高い派遣介護士の求人情報を取り扱うきらケア介護派遣について詳しく知りたい方はこちらの記事をお読みください。

【体験談】きらケア介護派遣を利用してわかったメリットとデメリットボクがこのブログで一貫して、ブラック介護施設で搾取され消耗し続けている介護士の方に訴えていることがあります。 それは、「ブラック介...

きらケア派遣


 

ブラックな介護の職場を辞めたくてもパワハラ攻撃で辞めることすらできずに苦しんでいるあなた。

一人で悩まないでください。

あなたが簡単に退職できて、安心できる毎日を過ごすための解決方法は必ずありますから。

  • 「とにかくはやく退職できる解決方法を知りたい!」
  • 「パワハラ上司の顔をもう二度と見たくない!」
  • 「明日あのブラックな介護施設に通勤したくない!」
  • 「ぶっちゃけ丸投げで即日退職をしたい!」

と徹底的に追い詰められている方は退職代行サービスをご利用ください。

お金はかかってしまいますが、職場の誰にも会わずに即日退職することが可能です。

丸投げで即日退職したい方はコチラ⇒退職代行

介護士がブラックな職場で退職時に受けるパワハラ

「退職したくても辞められない!」という、ブラックな介護の職場で介護士が実際に受けているパワハラってこんなことではありませんか?

退職届を受け取らない

  • この職場で受けた恩をアダで返す気か!(そもそも「恩」なんて受けてない!)
  • お前はまだ介護士として使えないからもっとここで勉強しろ!(学ぶことなんかない!)
  • お前に退職届を出す権利はない!(どんな権利だよ!)

などとパワハラ暴言を吐かれる。

最悪の場合は目の前で退職届を破り捨てられる……。

退職を先延ばしにされる

  • 人がいないからもう少し待て。新しい人が決まってからにしろ。
  • 新人がまだ夜勤ができないからもう少し待て。
  • あげくの果ては、手のかかる利用者である「○○さんが退所するまで待て。

などという、束縛系パワハラ発言をブチかましてくる。

脅迫のようなオドシ文句を言われる

  • お前の悪いウワサを転職先に吹聴していやる!
  • お前が起こしたミスをばらまいて介護業界では働けないようにしてやる!

という脅迫罪系パワハラでとんでもないメンタルダメージを与えてくる。

……こんな最低な人間性のパワハラ上司のいる、ブラック介護施設で働き続けることって……想像するだけでも胃が痛くなります。

こんなブラック介護施設で働き続ける必要は絶対にありません!

絶対に退職すべきです。

圧倒的に介護士の不足している超・超高齢化社会である日本では、経験のある介護士はどこでも引く手あまたで転職先に困ることはありません。

地方に住まわれているブラックな職場環境に苦しみ、貧困にあえぐ介護士の方でしたら、東京などの大都市部に進出することも考えてみてはどうでしょうか。

派遣会社に登録して「派遣介護士」として働けば、地方ではありえない高時給+自由度の高い働き方を選択することができます。

確実に地方よりも10万円以上も高い給料をもらいながら働くことができるのです。

地方の貧乏介護士は東京に出稼ぎをすればガッツリと稼げる3つの理由地方(田舎)の介護士の方々は手取り13万円⁉という恐ろしいほどの低賃金で、人間関係も濃密で最悪なブラック介護施設で働かれて...
介護士が東京(大都市)で安い家賃+超豪華設備の物件に住む方法答え:「ソーシャルアパートメント」に住むことです! ソーシャルアパートメント(SOCIAL APARTMENT)とは、プライベート...

それでは、以下にブラック介護施設のパワハラ上司の攻撃を迎撃し、退職する方法について解説いたします。

3つ目の方法は確実+安全に退職できる方法なので、とにかく最速で即日退職したい方はまずそちらをお読みください。

① 退職時の話し合いの時にはボイスレコーダーを隠し持つ

重要な話し合いの時にはボイスレコーダーで会話の内容を録音して証拠を残す。

これはブラックな職場が蔓延する日本社会においてはもはや鉄則です。

「それはわかるけど、盗聴は犯罪行為にならないの?」

と不安になりますよね。

でも法律的に大丈夫なんです。

盗聴あるいは秘密録音そのものは「犯罪ではない」のです

録音した情報は証拠の一つとして活用することができるのです。

目には目を歯には歯をではありませんが、相手はブラック介護施設のパワハラ上司です。

戦いたければ武器をもての言葉のように、ボイスレコーダー(ICレコーダー・スマホでもOK)を隠しもって話し合いにのぞむことに罪の意識を感じる必要性はまったくないのです。

退職時の話し合いでパワハラ上司の暴言が炸裂すればするほど、あなたにとっては好都合なのです。

話し合い終了後に「いまの会話を録音しました。私はこれを証拠に退職できるまで徹底的に戦います」と言ってやりましょう。

そこまで覚悟を決めたあなたの退職の意思を否定することは、いくらパワハラ上司でもできませんから。

あなたは公開されたらまずい、パワハラ上司の「弱み」を証拠として手に入れたのですから。

ただ、このボイスレコーダー作戦は非常に覚悟がいりますし、向き不向きがあるのも事実です。

とくにマジメで優しい人が多い介護士の場合、ボイスレコーダー作戦はプレッシャーが強すぎるかもしれません。

② 労働基準監督署(労基署)に相談する

職場でのトラブルは労働基準監督署に相談するという考えが一般的でしょう。

ですが、パワハラ問題については注意しなくてはなりません。

なぜなら労働基準監督署は「パワハラ問題単独の相談には対応はしてくれない」からです。

ただし、労基署内に設けられている「総合労働相談コーナー」では職場でのトラブルすべてについて相談にのってもらえます

しかし総合労働相談コーナーでできることは相談とそのことについての助言・(相談者に対する)指導までです。

つまりブラックな介護の職場での、パワハラ問題の根本的な解決に直接かかわってはくれないのです。

パワハラ問題と労働基準監督署の関係についてはコチラの記事で分かりやすいようにまとめていますのでお読みください。

介護士のパワハラ問題に対して労働基準監督署は利用価値があるの?ないの?ブラックな介護の職場には必ずといっていいほど存在するパワハラ問題。 あなたはパワハラの標的になってしまい、理不尽な圧力に苦しむ最悪...

③介護士でも「退職代行」を利用すればあっけないほどに簡単に退職できる

  • 「ボイスレコーダー作戦はハードルが高い……」
  • 「労働基準監督署もあまり頼りにならない感じだ……」

と不安になってしまった方、ここで退職をあきらめてしまってはいけません。

ブラック介護施設でパワハラ上司のもとで働き続けることは、あなたの人生をムダに消耗し、理不尽に搾取され続けることになるからです。

  • 「絶対に辞めたい!」
  • 「パワハラ上司の憎い面を二度と見たくない!」
  • 「明日から、いや今日からもうあの職場にはいきたくない!」

そんなあなたには退職代行サービスを利用するという選択肢があることを憶えておいてください。

退職代行サービスとはどんなものなのかザックリと説明しますと、法律の専門家「行政書士」があなたの退職をフルサポートしてくれるので、

  • 退職に必要な面倒な手続きをすべて丸投げすることができます。
  • 思い立ったその日に「即日退職」することも可能です。
  • 有休の消化についても交渉してくれます。
  • 離職票や雇用保険被保険者証の手続きも代行してくれます。
  • あなたや家族への電話の制限についても話してくれます。
  • 退職が無事完了するまでメールや電話で「無制限」に対応をしてくれます。
  • 大嫌いなパワハラ上司と2度とあうことなく退職することができます。

そして、あなたはブラック介護施設のパワハラ上司のもとから「安全+確実」に退職し、晴れ晴れとした気持ちで新しい第一歩を踏み出すことができるのです。

退職代行についてさらに詳しく知りたい方は、体験談に基づいたコチラの記事をお読みください。

【体験談】退職代行サービスSARABAで低価格で即日退職しました劣悪な労働環境+最悪な人間関係の職場を辞めたくてたまらないのに、 パワハラ上司に退職を言い出せない…… 理不尽な引き止め...

まとめ

ブラックな介護の職場にほぼ確実に生息するパワハラ上司。

その劣悪なパワハラ上司の人間性に翻弄され、あなたの退職という自由意志を踏みにじられる……。

そんな行為に泣き寝入りする必要は絶対にありません。

パワハラ上司が理不尽な攻撃をしてきたら、こちらは合法的にその攻撃を迎え撃ち、叩き潰すだけです。

経験のある介護士でしたら転職先に困ることはまずありません。

あなたもボクと一緒に派遣介護士として高時給+自由度の高い働き方で、ガッツリと稼ぎませんか?

真の処遇改善がなされるまでは、介護の現場では派遣という働き方が最強だと自負しています。

派遣介護士のメガ盛り級のメリットについてだけではなく、知っておくべきデメリットについてこちらの記事で解説しています。

知ってますか?派遣介護士のメガ盛級のメリットと気になるデメリット【警告】ブラック介護施設で正社員として奴隷のように働き、心身ともに消耗し、疲れ果て、何もかもがイヤになりかけてしまっているあなた! ...

パワハラ上司+超低賃金+劣悪な労働環境=ブラックな介護の職場を一日も早く抜け出し、ホワイトな介護の職場でのびのびと働いてみませんか?

あなたの介護士マンパワーを日本社会は絶対的に必要としているのですから。

ブラック介護施設を辞める前に登録しておくべき転職サービスbest3介護士が転職を成功させるためには、良質の介護職専門の転職エージェントを選択することが重要です。20以上も存在する介護職専門の転職エージェントの中には、取り扱う求人・コーディネーターの質があまりよくないものも存在してしまいます。こちらの記事ではボクが実際に利用・検証した結果から、タイプ別に優れた3つの転職エージェントを紹介しています。 ...