派遣介護士

常勤介護士が激烈に忙しい業務に疲れ果ててしまう絶対的な理由と転職で失敗しない具体的な方法

なぜ常勤(正社員)介護士であるあなたは、激烈に忙しい業務に心も体も疲れ果てる毎日を送らなくてはならないのでしょうか?

その理由はあなたが施設に直接雇用されている常勤介護士だからです

施設に直接雇用されるということは、使用者(施設運営陣)・労働者(介護士)という縦の関係(主従関係)になりがちです。

本来は使用者・労働者は対等であるべきなのですが、実態はそうではありません。

  • 使用者(施設運営陣):賃金を払う者
  • 労働者(介護士):賃金をもらう者

ということから、どうしても上下関係ができてしまうのです。

なので、圧倒的な人手不足で勤務時間内には絶対に業務が終わらない劣悪な労働環境でも、言いたいことも言えず、安い給料でガマンして働かなくてはならないのです。

  • ブラック介護施設の鬼畜(きちく)運営陣は、自分たちの私腹を肥やすことだけしか考えていません。
  • 利用者の方々へのケアサービスの質の向上なんて興味がありません。
  • なので業務改善なんて面倒なことはしません。
  • 人手不足解消もお金がかかるため消極的です。
  • 介護士の待遇改善なんて考えたことすらもないでしょう。

施設に直接雇用されている常勤介護士は、劣悪な雇用環境で奴隷のようこき使われる、圧倒的に弱い立場なのです。


 

お疲れさまです。

40代・現役「派遣」介護福祉士の小林です。

ボクは三流大学卒業後職を転々とし、フリーター&ニート生活を経験。

行きついた先がサービス残業80時間/月は当たり前の地獄級ブラック介護施設(老健)でした。

そのブラック介護施設で2年間働きましたが「このままでは死んでしまうかもしれない……」と思い、40代にして派遣介護士として働くことを決断。

友人たちからは「無謀だろ!」「アホか!」と言われましたが……

現在はきらケア派遣に登録し、高時給(1700円)+高待遇のホワイト介護施設(高級有料老人ホーム)で派遣介護士として働き、心身ともに安定してガッツリと稼ぐことができています。

介護職に特化した優良派遣会社「きらケア派遣」に登録するメガ盛り級のメリットだけではなく、知っておくべきデメリットについても知りたい方はコチラの記事をお読みください。

【体験談】きらケア介護派遣を利用してわかったメリットとデメリットボクがこのブログで一貫して、ブラック介護施設で搾取され消耗し続けている介護士の方に訴えていることがあります。 それは、「ブラック介...

きらケア派遣


 

この記事では常勤介護士が置かれている劣悪極まりない労働環境を具体的に明らかにし、そこから抜け出すための転職で失敗しない方法をボク自身の実体験に基づいて解説しています。

現在は真の処遇改善が行われていないため、常勤介護士のあなたはブラックな環境で働かなくてはならない確率が高いでしょう。

ですが、ホワイトな職場も徐々に増えてきてはいますし、ホワイトな施設を効率よく探し出す方法もあります。

超・超高齢化社会の日本において介護士であるあなたは貴重なマンパワーです。

その強みを生かせる環境があるのだということを知っておいてください。

施設に直接雇用される常勤介護士が置かれている悲惨な状況

まだまだ圧倒的に多く存在しているブラック介護施設。

その劣悪な労働環境をボク自身の実体験から具体的にあげてみたいと思います。

あなたがブラック介護施設の運営陣に貴重な労働力を搾取され、心身を理不尽に消耗し、疲れ果てる毎日を送っていることがいかに「異常」であるのかということを再認識してください。

サービス残業は当たり前になっている

ブラック介護施設の象徴ともいえるのがサービス残業の慢性化です。

サービス残業とはつまりはタダ働きです。

常勤介護士のあなたは理不尽に責任を負わされ、サービス残業の毎日を送る過程でそれが当たり前のことになっていませんか?

サービス残業のワナを具体的にあげてみたいと思います。

  • 人手不足で業務が終わらないから……
  • 行事やレクの準備は勤務時間中にはとてもできないから……
  • 勤務中には委員会や会議への出席はできないから……
  • ミーティングの出席は時間外でも強制だから……

運営陣は必要な業務が勤務時間内に終わるように、現場の介護士と一丸となって積極的に業務改善をおこなったり人手不足を解消すべきなのです。

それをおこなわずに、サービス残業(タダ働き)で穴埋めしているにすぎないのです。

各種委員会の責任を無償で負わされている

委員会自体を否定しているわけではありません。

ケアの質の向上や業務の改善を行う上では必要なことです。

ですが各委員会の委員長や副委員長に指名され、今まで以上の責任を負わされることとなっても、何の手当も付かないということがおかしいと思うのです。

賃金は仕事の責務を果たした対価と支払われるものです。

それを、委員会の委員長ぐらいでグダグダ文句を言う必要はないんじゃないの?と思ってしまう、洗脳されてしまっていることが異常なのです。

有給休暇は使えないもの=お飾りになってしまっている

常勤介護士のあなたに絶対に知っておいていただきたいことがあります。

それは、有給休暇の取得は労働者(介護士)の権利であるということです。

そして、有休の申請を使用者(雇用主・施設運営陣)は拒否することができないのです。

これは労働基準法に定められた法的な事実なのです。

なのに、ブラック介護施設では「有給休暇は消化できないもの」という、非常におかしな考えが蔓延し、常勤介護士のなかにしみ込んでしまっています。

激務に疲れ果てているのに、わずかな望みの有休すら使えない……鬼畜運営陣は常勤介護士をどれだけ酷使すれば気が済むのでしょうか。

過酷なシフトを組まれ強制的に働かされる

  • 10日連続勤務のシフトが当たり前に組まれる。
  • 夜勤専従でもないのに一月に夜勤が7回以上もある。
  • 早番5連続勤務の次が夜勤。
  • 16時間夜勤明け⇒「公休なし」⇒16時間夜勤という地獄のシフトを組まれる。
  • シフト上は休日なのに普通に出勤させられる。

……こんな酷いシフトでも常勤介護士は耐えて働かなくてはならないという現状は、明らかに狂っているのです。

長時間勤務を強要される

ブラック介護施設は激務のため体調不良で欠勤・バックレる職員が後を絶ちません。

その代償を払うのはギリギリ体調をたもっている常勤介護士です。

本来のシフト勤務が終了しても帰ることができずに働かされ続けます。

  • 早番~遅番(7時~19時:12時間勤務)
  • 日勤~夜勤(9時~翌日10時:25時間勤務)
  • 夜勤明けで日勤(16時~翌日17時:25時間勤務)

※もちろん残業手当などは無し

超慢性的な人手不足のブラック介護施設では、シフトに空いた穴を常勤介護士が長時間の連続勤務で埋めることが当たり前になっています。

「一体いつになったら家のベッドで眠ることができるのか……」

というシベリアに抑留された捕虜のような気持で、途方に暮れたことは数回ではないでしょう。

事故の責任を丸投げされる

ブラック介護施設では現場で不慮の事故(転落・転倒など)が起きてしまった時、その事故原因を探り再び似たようなことが起きないよう、施設一丸となってリスクマネジメントをしてく姿勢がありません。

運営陣は事故を起こしてしまった介護士を吊るし上げ、責任を追及します。

現場で起きたことはすべて現場の介護士が「責任」をもって処理しなさい……という恐ろしいほどに一貫した責任丸投げの姿勢は崩しません。

ご家族への対応も無責任な運営陣は逃げの一手で、常勤介護士を守ってはくれません。

そんなところで働き続けては、疑心暗鬼・人間不信になってしまうことは間違いありません。

なので人間関係が劣悪になるのは必然的なことなのです。

モンスター家族の対応を丸投げされる

ブラック介護施設には「オプションか?」と思うぐらいに、モンスター家族が存在します。

  • 自分の親(利用者)だけ特別扱いしろと独自のタイムスケジュール表を作ってきて、その通りのケアを行わないと激怒して怒鳴りまくる。
  • 食事の時はこれ(持ち込んだ食べ物)を食べさせろと言ってくる。
  • 居室で禁止の飲酒をする。
  • 施設の敷地内は禁煙なのに勝手にベランダに出て喫煙する。
  • 介護士の動きを見張りささいなことでもクレームをつけまくる。
  • 利用者のセクハラ行為もおおめに見ろと言ってくる。
  • 「お客様(利用者)は神様なんだぞ!」となんでも言うことを聞けと言ってくる。

……モンスター家族の要求に介護士は疲弊し、吐き気すらおぼえています。

しかし、ブラック介護施設の運営陣は常に「家族側」に立ち、介護士の追い込まれている厳しい立場を理解しようとすらしてくれません。

むしろモンスター家族とブラック介護施設の運営陣は結託して、介護士に理不尽で意味不明な圧力をかけてきます。

丸投げよりも最悪です。


 

圧倒的に忙しすぎる業務に追い立てられるだけではなく、理不尽な圧力にも耐え、身を粉にして働いても低賃金しかもらえない、まるでブラック介護施設の奴隷にような常勤介護士。

苦労をすれば報われるなんて言葉は空っぽです。

あなたの優しさ、思いやり、努力、頑張りは無残に搾取され続けます

あげくの果てに燃え尽きて体調を壊してしまった常勤介護士のあなたは、ポイ捨てされるだけなのです。

こんな働き方、最低最悪ですよね。

介護士の真の処遇改善が行われるまでは派遣介護士として働くことが最強説

ボクは2年間のブラック介護施設で常勤介護士を経験しました。

ブラック介護施設で正社員介護士として働いた2年間の暗黒体験談ブラック介護施設で卑劣な労働搾取にあった、思い出すだけでも胃が痛くなるような日々。 絶対的な人手不足で激烈にいそがしく、連日の怒涛...

その経験から行きついた答えが、「真の処遇改善が行われるまでは、高時給で自由度の高い派遣介護士として働くことが最強である」というものです。

なぜ派遣介護士という働き方をオススメするのかを、具体的に解説させていただきます。

まず大前提として、派遣介護士は「派遣会社」に雇用されているため、働く派遣先の施設では「間接雇用」になるのです。

つまり、直接雇用の常勤介護士のように施設側の言いなりになる必要がないのです。

そして大手派遣会社は資金力があり、派遣介護士は大事な稼ぎ頭であるため、パートナーとして守ってくれるのです。

 

また、派遣介護士は雇用期間が更新制なので、万が一ブラックな職場に当たってしまったとしてもすぐに職場を変えることができます

しかも、次の職場は登録している派遣会社のコーディネーターの方がすぐに探してくれるのです。

退職届を書いたり引継ぎをする面倒などありませんし、ハローワークに通って次の職探しをする必要もありません。

その他にも、

  • 高時給(1700円)でガッツリと稼ぐことができる。
  • 「この職場は嫌だ!」と思ったらすぐに次に移れる(2~3ヵ月)。
  • サービス残業がない。
  • 各種委員会や居室担当などの責任を負う必要がない。
  • フロアミーティングや行事に参加する義務がない。
  • 自分自身で稼ぎたい額を決められる。
  • 有休が確実に消化できる。
  • 面倒くさい人間関係(派閥など)に巻き込まれにくい。
  • 施設に直接雇用されていないため意見・要望を言いやすい。
  • 問題が起きても派遣会社が対応してくれる。

こんなにも牛丼メガ盛り+卵+味噌汁+ポテトサラダ級のメリットがあるのです。

派遣介護士として働くメガ盛り級のメリットについてだけではなく、気になるデメリットについても知りたい方はコチラの記事をお読みください。

知ってますか?派遣介護士のメガ盛級のメリットと気になるデメリット【警告】ブラック介護施設で正社員として奴隷のように働き、心身ともに消耗し、疲れ果て、何もかもがイヤになりかけてしまっているあなた! ...

ボク自身の派遣介護士として働いてきた実体験から、派遣介護士として働くということを乾いた体にしみ込むポカリスエットのように飲みやすく=わかりやすく解説しています。

 

「そんなこと言ってもパワハラ的な引き止めにあってすぐに辞めれないんだよ!」

「介護士間の同調圧力で退職が切り出せない……」

という悩みがある方には「退職代行サービス」があることを知ってください。

退職代行サービスはあなたにかわって退職時の面倒をすべて代行してくれて、即日退職を可能にしてくれるめちゃくちゃ便利なサービスです。

退職代行サービスは最近テレビ(NHKの「クローズアップ現代+」など)でも取り上げられるほど注目度が上がってきています。

その中でも、低価格・定額制で利用価値が高い退職代行サービスSARABA(さらば)について徹底的に調べて解説した記事はコチラです。

【体験談】退職代行サービスSARABAで低価格で即日退職しました劣悪な労働環境+最悪な人間関係の職場を辞めたくてたまらないのに、 パワハラ上司に退職を言い出せない…… 理不尽な引き止め...

まとめ

一部では介護施設のホワイト化が推し進められてはいますが、まだまだブラック介護施設が多数存在するのが介護業界の現状です。

ですが現在のボクはホワイトな労働環境の高級有料老人ホームで働くことができています。

その最大の理由は、派遣介護士という働き方を選んだからです。

夜勤専従・フルシフトと派遣介護士として働いてきて得た確信は、「真の処遇改善が行われるまでは、高時給で自由度の高い派遣介護士として働くことが最強である」というものです。

  • 施設に直接雇用される常勤介護士にこだわる必要性ってありますか?
  • 思考停止状態で「常勤(正社員)=正しい」と思い込んでいませんか?

介護業界で働き続けたいと思う方にこそ、派遣介護士という働き方があることを知っておいて欲しいと切に思います。

 

ボクは複数の派遣会社に登録しているのですが特にオススメできるのは、

この二つに登録しておけばまず間違いないでしょう。

他を凌駕する圧倒的高時給(1700円)求人を取り扱う「きらケア介護派遣」について詳しく知りたい方は、コチラの記事をお読みください。

【体験談】きらケア介護派遣を利用してわかったメリットとデメリットボクがこのブログで一貫して、ブラック介護施設で搾取され消耗し続けている介護士の方に訴えていることがあります。 それは、「ブラック介...

 

無料で資格が取得できてしまう無資格転職組の救世主「かいご畑」について詳しく知りたい方は、コチラの記事をお読みください。

かいご畑を利用する前に絶対に知っておくべきメリットとデメリット「かいご畑」は無資格の方が利用するメリットは盛りだくさんなのですが、注意しなくてはならないデメリットがあることも事実です。...

 

最後までお読みいただきありがとうございました。